無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

850
2021/01/04

第84話

#🍭
朱音side




勝利「もう(仮)の関係は終わりにしよう」


『え…?』


勝利「昨日あなたに正直に話した。俺はあなたが幸せならそれでいいんだ。もう八橋さんに協力はできない」




な、によそれ…


急に呼び出されたと思ったらこれ以上私に手を貸せないって




『なんで?勝利はあなたちゃんが好きなんでしょ?!』


勝利「好きだよ。好きだから身を引くの。八橋さんは好きな人の幸せを壊して楽しい?そこまでして健人と付き合いたい?」


『付き合いたいよ!私には…私には健人しか…』




友達と喧嘩して泣いたとき一緒にいてくれた


遠足でみんなとはぐれたとき必死で探してくれた


お弁当をひっくり返したとき半分わけてくれた


健人がそばにいることが当たり前になっていた


これからもずっと…




勝利「そんなことないんじゃない?」


『なっ…』


勝利「そばにいてくれたのは健人だけ?」


『…ふ、ま…』


勝利「風磨だってずっと八橋さんのことを気にかけてくれてたんじゃないの?」




風磨はいつも相談にのってくれた


どんなときも私の味方をしてくれた


健人が好きって伝えたときだってそう


風磨は大切な幼なじみ、だけど




『私が好きなのは健人なの…』


勝利「それはわかってる。だけど新しい恋を探してみるのもいいんじゃない?」


『っ…』


勝利「俺はあなたより可愛い子を見つけて絶対に健人とあなたより幸せになるって決めたの」


『風磨を好きになれ、と…?』


勝利「別に風磨じゃなくたっていいんだよ?それこそ廉くん(あなたの兄)とかさ笑」


『それはちょっと…』




新しい恋、ね


素直に手を引くことも大事なのかな


健人の幸せ、かぁ




『ありがと…』


勝利「え?」


『私、健人に自分の気持ちぶつけてくるよ。振られたって健人のことは好きでい続ける、けど…』


勝利「うん」


『私も新しい恋、探してみようと思う』




勝利にできて私にできないことなんてないでしょ?


健人以上にいい人、絶対見つけてやる