無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

目撃
3月30日

アシスタントになって1週間。
ここの環境にもだいぶ慣れてきた。



これから買い物行きますけど、何か買うものとかありますか?
はじめしゃちょー
じゃぁ、ウィルキンソン炭酸お願いしていいですか。
わかりました。
じゃ、行ってきまーす
買い物を終えて、はじめさんの家に向かっている時
1人の女性の姿が見えた。
その人は、じっとはじめさんの家を見つめていた。
何してるんだろう…
3分ほど経って、その女性は帰って行った。
~午後〜
だいちぃ
おかしいな…
たなっち
だいちくんどうしたんすか?
だいちぃ
何か、パソコンがフリーズして動かないんだよね
たなっち
え、やばくないすか
しばらく2人は、フリーズしたパソコンを治そうとしていたが、結局電源を消し最初から操作することにした。
だいちぃ
うわ~、せっかく編集してたのに…
たなっち
まぁ、仕方ないっすよ
だいちぃ
でも、おかしいな。
さっきまで普通に使えてたのに。
そう言ってだいちさんは編集を始めた。