無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
33
2021/05/02

第3話

3話
僕
(´Д`)ハァ…行っても虐められるだけだから行きたくないし……
いじめっ子
いじめっ子
よぉデブ
僕
ウワッ
いじめっ子
いじめっ子
だから何で俺が来たらウワッって言うんだよ意味がわかんないんだけどw
僕
(こっちが意味わからんよ!)
いじめっ子
いじめっ子
何だその顔、ドカッ
僕
イタッ(°д०॥)✷✸
いじめっ子
いじめっ子
フフッいい気味だ
僕
もぉやめてよ
いじめっ子
いじめっ子
あぁ?やめるわけねぇじゃんドカッ
僕
ズルッウワッ
その後の記憶は残っていない………
作者
作者
終了ですー
作者
作者
本当に何も覚えて無いんですよぉー転けてから
作者
作者
なんか話によると、頭から血流して倒れてたらしいんですよね全然記憶無いんですよ
作者
作者
この事信頼出来る友達に話したら、なんか友達が泣き始めてしまって………
作者
作者
そんなに大変な位の思い出なんだなって泣かれた時思いました
作者
作者
それからですかね?私が誰も信用出来なくなったのは
作者
作者
今回も見てくれた方々ありがとうございます((。´・ω・)。´_ _))ペコリン