無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

36
2021/04/12

第2話

2話
僕
やっと学校終わったよぉ早く友達と遊ぼーっと
友達
友達
おーい僕
友達
友達
僕、何して遊ぶ?
僕
砂場行って穴ほろうよ
友達
友達
いいね私スコップ持ってくる
僕
ありがとう、僕準備しとくよ
友達
友達
じゃあ行ってくる
3分後
友達
友達
お待たせー
僕
じゃあ早速初めようか
友達
友達
うん
20分後
僕
僕ちょっとトイレ行ってくるよ
友達
友達
ほい、行ってらっしゃい
僕
……シタタタッ ヘ(*¨)ノ
トイレの中
僕の入っているトイレが何回も蹴られたり、叩かれたりした他のトイレは空いているのに……
いじめっ子
いじめっ子
お”い”早く出てこいよさもないと、石投げ入れるぞ
いじめっ子
いじめっ子
いいんだな、(*ノ・ω・)ノ⌒。ぽーい
僕
Σ  (ノД`) イタッ
いじめっ子
いじめっ子
これでも出てこないのかよ、登って中見てみるか
僕
ヘ?
ガチャと僕はトイレのドアを開けたその瞬間、石や木の棒を沢山投げつけられた
僕
痛い辞めてよ!
いじめっ子
いじめっ子
は?口答えすんじゃねえよブス、デブ
いじめっ子
いじめっ子
お前なんか死んどけ
僕
ンッ………
いじめっ子
いじめっ子
この事先生に言ったらどうなるか分かってるよなブス
僕
はい
いじめっ子
いじめっ子
じゃあなデブ
いじめっ子は外に出て行った
僕
(´Д`)ハァ…疲れたし早く戻らなきゃ
僕
……シタタタッ ヘ(*¨)ノお待たせー
友達
友達
おー遅かったね何かあった?
僕
いや……何も
僕
それより早く続き…しよ?
友達
友達
うん
僕
((´Д`)ハァ…こんなの毎日受けてたらいずれ死ぬって)
作者
作者
終了です、トイレエピソード私多いんですよね
作者
作者
蹴られる事が多かったのであざがまだ足に残っています………
作者
作者
そこをどうにかこうにかしていつも隠しています。母にもまだ言っていません……
作者
作者
相談したとしても、何もしてくれないからです
作者
作者
では次回も、辛い思い出を頭からかきだしながら頑張ります