無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

whiteradicals,達磨一家編
RUDE に行った後、私達はwhiteradicals のもとへ行った。
コブラ
コブラ
よう、ロッキー。
ロッキー
ロッキー
あぁ?コブラか、どうした?
コブラ
コブラ
挨拶に来たんだよ。
ロッキー
ロッキー
挨拶?
あなた

久しぶり!、ロッキー!あなただよ!

ロッキー
ロッキー
あなたってあのあなたか?
ほんと久しぶりだな。
今までどこ行ってたんだ?
あなた

ちょっとアメリカに留学しに。

ロッキー
ロッキー
あぁそうだったのか。お帰り。
あなた

ただいま!( ^ω^ )

コブラ
コブラ
んじゃ、達磨のとこ行くか。
あなた

うん!またねロッキー。

ロッキー
ロッキー
おう、いつでもこいよ。
あなた

うん!

そして、達磨一家の所に行った。
コブラ
コブラ
おい!日向いるか?
日向紀久
日向紀久
んだよ?俺は眠いんだ。(>´0`)
あなた

相変わらずだね。日向。

日向紀久
日向紀久
あん?この声は、…あなた?
あなた

久しぶり。日向。

日向紀久
日向紀久
あぁ、帰ってきたのか。
あなた

うん。
まっもう帰るわ。
行こ、コブラ。

コブラ
コブラ
おう。
そうしてITOKAN に戻った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

レミ
レミ
初心者ですが小説書いてるので見てみてください! お気に入りにしてくれるとありがたいです! ⚠️土日祝日に一気に書くことが多いです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る