無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

334
2021/06/24

第4話

苺神社
そして、僕達は苺神社に着いた。
恐ろしく人気が無かった。
ころん
ころん
ここが苺神社……
るぅと
るぅと
確か、手水舎で清めるんだっけ?
ころん
ころん
あっ、そうだった!
以前家族と行った時のことを思い出しながら、
手水舎に行った。
るぅと
るぅと
この手順通りにやるんだよね?
ころん
ころん
うん!
僕達は順番に手順通りに清めた。
莉犬
莉犬
お兄ちゃん達だーれ?
ころん
ころん
うわぁ!?
僕は驚いて尻もちをついた。
ジェル
ジェル
ふははっ!兄ちゃんおもろいなぁ!
二人の子供が笑っている。
るぅと
るぅと
えっと……君達は?
ジェル
ジェル
俺、ジェル
莉犬
莉犬
オレ、莉犬だよ
ころん
ころん
なぜ犬耳が……
莉犬
莉犬
うるさい!
ころん
ころん
あー悪かった
ジェル
ジェル
兄ちゃん達お面しとるけど何者なん?
るぅと
るぅと
苺神社の宮司になるんだよ
莉犬
莉犬
二人で?
ころん
ころん
そう。僕達は二人で一つだから
るぅと
るぅと
うん!
莉犬
莉犬
いいなぁー!!
ジェル
ジェル
莉犬、俺らも二人で一つやろ?
莉犬
莉犬
ジェルとなんかイヤだ!
ジェル
ジェル
えっ!?酷い……
ころん
ころん
まぁまぁ、そんな言い合うなって
るぅと
るぅと
それこそ仲が良い証です
ジェル
ジェル
えへっ
莉犬
莉犬
お兄ちゃん達優しい!!
ジェル
ジェル
せっかくやから、俺らが神社を
案内してやるで!
ころん
ころん
おっ?ありがとう
るぅと
るぅと
それは助かりますね
莉犬
莉犬
来てきて!!
僕達はジェルと莉犬について行った。


大きな門を抜け、賽銭箱の前に来た。
莉犬
莉犬
お兄ちゃん!何して遊ぶ?
ジェル
ジェル
あっ、兄ちゃん達の名前
聞くの忘れとった!
ころん
ころん
クスッ、僕はころん
るぅと
るぅと
僕はるぅとだよ
莉犬
莉犬
よろしく!
ころん
ころん
よろしく!
僕達四人は思いっきり笑っていた。
るぅと
るぅと
あははっ!
こんなに笑ってるるぅとくん久しぶりに見たなぁ。

仕方ない。学校で散々な目に遭ってたから。

でも、笑ってくれて良かった。

この逃走にはちゃんと意味があったんだ。
ジェル
ジェル
兄ちゃん!こっち来て!
ジェルに促され、神社の建物の中に入った。
さとみ
さとみ
君達は……?
莉犬
莉犬
さとみ様!
るぅと
るぅと
えっと……
ころん
ころん
ここはどこ?
莉犬
莉犬
ここは拝殿だよ!
ジェル
ジェル
兄ちゃん達が次のぐうじだって!
さとみ
さとみ
次の宮司?
ころん
ころん
ころんです
るぅと
るぅと
るぅとです
さとみ
さとみ
えっと、二人は……
ころん
ころん
双子です
さとみ
さとみ
おお、双子なんてすごいな
莉犬
莉犬
お兄ちゃん遊ぼう!
ジェル
ジェル
遊ぼう!遊ぼう!
るぅと
るぅと
なんかありますか?
さとみ
さとみ
お手玉とかそこあたりしかねぇな
るぅと
るぅと
お手玉やったことないです
ころん
ころん
なんかゲームとかないの?
ころん
ころん
エペとか
るぅと
るぅと
神社にあるわけないでしょ!
ジェル
ジェル
げーむ?何それ?
莉犬
莉犬
なんか面白そう!
ころん
ころん
今度叔父さんに頼んでみようよ
るぅと
るぅと
えぇ、なんか悪い気がする……
ころん
ころん
僕ゲームやりたい!
るぅと
るぅと
ころちゃんが駄々こねないで!
さとみ
さとみ
ハイハイ、喧嘩はそこまでだ
さとみ
さとみ
双子なだけあって
仲は良いんだな
ころん
ころん
えっへん!
るぅと
るぅと
何威張ってるの?
ころん
ころん
僕達はどんな時も一緒なんだよ
るぅと
るぅと
うん!
莉犬
莉犬
お兄ちゃん仲良くていいな!
るぅと
るぅと
ジェルくんと莉犬くんも
充分仲が良いと思うよ
ジェル
ジェル
ホンマに?
莉犬
莉犬
ホント?
さとみ
さとみ
お互いを大切に思えてるならな
ジェル
ジェル
オレ、莉犬が大切って思ってるで
莉犬
莉犬
えっ、嬉しい!オレもそうだよ!
さとみ
さとみ
みんな仲が良さそうで何よりだ