無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

317
2021/06/29

第5話

名付け
るぅと
るぅと
もう夕方だ……帰らなきゃ
ころん
ころん
そうだね、帰ろう
莉犬
莉犬
えー悲しい
るぅと
るぅと
また明日も来るから大丈夫だよ
ジェル
ジェル
ホンマに?
るぅと
るぅと
うん!
さとみ
さとみ
そうか、明日も待ってるぞ
ころん
ころん
アナタが一番寂しそうな感じがする
さとみ
さとみ
えっ?俺か?
ころん
ころん
まず、名前教えてください
さとみ
さとみ
ん?言ってなかったか?
さとみ
さとみ
俺はさとみだ
ころん
ころん
じゃあ、さとみくんって呼ぶね
るぅと
るぅと
ころちゃん帰りましょうよ
ころん
ころん
そうだね
莉犬
莉犬
ばいばーい!
るぅと
るぅと
じゃあね!
僕達は神社から出て、叔父さん家に帰った。
ころん
ころん
ただいまー
純一
純一
おかえり
純一
純一
夕飯の支度が出来てるよ
るぅと
るぅと
やったー!
そして、僕達は私服に着替えた。
ずっとあのままでいるのは嫌だったからだ。
るぅと
るぅと
いただきます
ころん
ころん
いただきます!!
僕らはガツガツとご飯を食べる。

そんな時、叔父さんが話出した。
純一
純一
君達は行方不明者の身だ
あまり表立つことはできない
純一
純一
君達に外で呼ぶ時の名前を
つけたいんだが、どうだ?
るぅと
るぅと
別にいいですよ
ころん
ころん
何でもいいかな
純一
純一
そこは二人が決めないとダメだよ
ころん
ころん
はーい
るぅと
るぅと
可愛い名前にしようかな〜
ころん
ころん
カッコイイ名前が
いいに決まってんじゃん
るぅと
るぅと
えぇ〜
るぅと
るぅと
ルルとココとかどうかな
って思ってたのに……
ころん
ころん
それは可愛すぎでしょ
ころん
ころん
ルイとロイとかどう?
るぅと
るぅと
なんかいいね〜
ころん
ころん
でしょでしょ!!
ころん
ころん
それにしよ!!
るぅと
るぅと
うんうん、それにしよう
純一
純一
やっぱり仲がいいね
純一
純一
どっちがどっちなんだ?
るぅと
るぅと
僕がルイです
ころん
ころん
僕がロイ
純一
純一
了解。宮司として発表する時は
そう呼ぶからね
ころん
ころん
はーい
るぅと
るぅと
いつ発表するんですか?
純一
純一
君達の話が少し落ち着いてからだな
ころん
ころん
えぇ〜
純一
純一
君達の両親が駆け付けてくるかもしれないから、その時は神社に隠れていて欲しい
るぅと
るぅと
お父さん、お母さん……
ころん
ころん
るぅとくん、僕達は
最後まで逃げ切らなきゃ
るぅと
るぅと
うん……
純一
純一
もうじき来るかもしれないな
るぅと
るぅと
僕は、殺人犯……
だから、もう……
純一
純一
るぅとくん、気にしなくていいよ
純一
純一
ここで生きていればいいんだ
るぅと
るぅと
ホントにいいんですか……?
ころん
ころん
もしパパ達に会ったら
忌み子だって言おう
ころん
ころん
そしたら分かりづらくなるよ
るぅと
るぅと
そうだね
るぅと
るぅと
僕は忌み子みたいものだもん
純一
純一
そんなことないよ
純一
純一
二人のおかげでこれから先
この神社は良くなるよ
るぅと
るぅと
やるって決めたからにはやります
ころん
ころん
僕もやる
純一
純一
二人共頼もしいね
純一
純一
もうすぐ夏越の大祓があるから
そこで二人はびっしり働いてもらうよ
ころん
ころん
うん!
るぅと
るぅと
はい!
夕飯を食べ終え、風呂に入り、寝室に入った。
るぅと
るぅと
僕達、これからどうなるんだろう……
ころん
ころん
大丈夫、僕がいるから
ころん
ころん
一緒に生きていこう
るぅと
るぅと
うん、ありがとう……
ころん
ころん
おやすみ
るぅと
るぅと
おやすみ
そして、僕達は眠りに落ちた。