無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

414
2021/09/08

第8話

第7話
奈々 視点
ななりも。
ななりも。
~~~~……という事なんだ
「俺は拾ってきて正解だと思うで」
「俺もジェルと同じ意見かな~」
ななりも。
ななりも。
ジェルくん…さとみくん…
「もちろん、その気持ちは僕らも同じですよ ね、ころちゃん」
「そりゃそうでしょ 心配だし…」
ななりも。
ななりも。
るぅとくん…ころちゃん…
ななりも。
ななりも。
あの…さ、俺の勘なんだけどさ

あの子、家ないと思うんだよね…
全員「え…」
ななりも。
ななりも。
おぶってくる時、すごく軽かったから、
何日も食べてないのかな…って思って
るぅと
るぅと
じゃ、直接聞いてみるしかないんじゃないですか?
さとみ
さとみ
まぁ、それしかないよな
ころん
ころん
うん
ジェル
ジェル
今、莉犬が面倒見てるんやろ?
起きたら知らせてくれるだろうし、そんとき聞いたら?
ななりも。
ななりも。
そうだね、そうする
ガチャ
莉犬
莉犬
なーくーん!起きたよ~!
ななりも。
ななりも。
え!?本当!?すぐ行くね




~第6話参照~
ななりも。
ななりも。
ちょ!?どこ行くの?
あの子がこの部屋を出ていこうとした

いろいろ聞きたいことがあったから、
正直帰られては困る
俺は、引き止める為 手を掴んだ
すると、、
(なまえ)
あなた
!?
今まで何一つ動かなかった表情が
何かに怯えている表情に変わった



俺の勘が言っている


















































この子をこのまま手放しては行けない





















みんななら、わかってくれる



だって、みんな優しいから


俺はそう思い…
ななりも。
ななりも。
ねぇ、家…住まない?


と、問いかけた
❤×7 next