無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第1話

𓀀






























.
エイジ
エイジ
ちょ、おれ煙草吸ってくるわ。
ツリメ
ツリメ
はーい!気をつけてね!
そらちぃ
そらちぃ
おっけー。
リクヲ
リクヲ
…zzZ










夏が恋しいこの季節。




東京は珍しく雪が降っていて極寒だった。










ただ今の時刻は2時36分。
丑三つ時だ。














みっくんが喘息持ちなため俺はいつも外で煙草を吸っている。























ガチャ.













エイジ
エイジ
うわ~、バリさみぃ。










白い息を吐き出しながら呟く。















いつもの公園に向かって歩き出す。

















俺とそらとみっくんとりっくんは昔からの幼なじみでかれこれ20、21年間一緒にいる。













今は4人で " アバンティーズ " というグループ名でYouTubeに動画を投稿している。いわゆるYouTuber。




















これからも頑張るぞいっ。((((














エイジ
エイジ
(俺何言ってんだろ。)














公園に付き、煙草に火をつける。












カチッ












エイジ
エイジ
ふ~。
???
や!、やめて!
離して!!!
エイジ
エイジ
ん?








俺は声が聞こえた方に顔を向けた。


















バシッ
???
いたっ…
???
チッ…てめぇ、大人しく言う事聞けよ!!!
???
ひっ…!!






顔を向けた先には女と男が揉めていた。







カップルの喧嘩だろうか。













グググッ
???
あ"っ…!う"ぅ"…!だ…、ずげ…て…ぇ…ぁ"…!!




男が女の首を絞めていた。

???
 おいおい…まじ何回言ったら分かんだよ、そろそろ死ね!!



グググッ!!!








エイジ
エイジ
…おい。




俺はいつの間にか2人の所に行き声をかけていた。








???
っ…あ?
んだよお前…。
???
…はぁ、はぁ…。




男は女の首の手を離し、女はそこに倒れ意識を失った。
エイジ
エイジ
てめぇ、女相手になにしてんだよ。
???
あぁw、こいつが生意気だから大人しくさせてやってるだけ。w
うざいよなwwお前もそう思わねぇか?
エイジ
エイジ
…おう。うざいなww
???
だろ?w
だからこうやっt…



ボコッッッ!!!
エイジ
エイジ
お前がな。





俺はイライラメーターがMAXに達し、男の顔面を殴った。











???
グハァッッ…!!!










男は口と鼻から血を出し倒れた。

















エイジ
エイジ
はぁ~。
こいつどうしよ、







俺は意識がなくなった女のほっぺを ツンツン と指でつつく。










エイジ
エイジ
(ってかこいつめちゃくちゃ可愛いやんけやんけ…。)






俺のどタイプだった。











エイジ
エイジ
(1回持ち帰るか……でもなぁ…もしこいつが起きた時、俺警察に通報されねぇかな…???)
エイジ
エイジ
……あーもういいや!!





















じっくり考えた結果、俺はやけクソになって女を抱きかかえ(お姫様抱っこ)アバハウスに持ち帰ることにした。





























next___🥀