無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第 ⑥ 話 、 廉 Side 、






  なぜだか分からないけど    、  




     海人   と   あなた ちゃん  が    、     何も喋らず  に   、








  ただひたすら   歩いていたのを  



俺は   窓から見ていた    。   











      何かあったのか   な    ?   、











廉 .
廉 .



そういえば   海人  は   気づいたら  いつも     あなた   ちゃんと  一緒にいるんだよなあ    、    

喧嘩したり  遊んだり   仲が良いのか  悪いのか    …     。







   ふと    そんな事を考えた後に   、




窓を覗くと    海人の姿  は  もう無く  、  




   家の   玄関の   ドアが  あく音がした     。   











    海人が   帰ってきた   。   











廉 .
廉 .


お帰り    。       

 海 人 . 
 海 人 . 



あ 、 廉  ~~   !
 ただいま   ♡   
手 洗ってくるね ~   !!








様子がおかしい     …    。











いつもなら   手を洗う   等の  ことは言わないと   やってくれないのに   …    。








   ただいま   と  あんなに笑顔で言われたのも    久し振りだ    。 
















廉 .
廉 .


   珍しい       。   。 

 








    なにか  良いことがあったのか   ?







と思った   そのとき    、  






    水道の蛇口   を   しめて  、 





手を洗いにいった  海人が    どたばた  と  



    スキップ   交じり  に   




   部屋に    向かった   。