無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第 ② 話 、 海人 Side  。




   あなた   と    離れてから    、
 


     少し寂しくなった   、





「  屋上にきて    、   」 



なんて言ったものの    、    






      そこで   僕が    廉 に 








      『 嫉妬 』  したから   。  





なんていえない     。   
 海 人 . 
 海 人 . 

   はぁ    💭





なんて   重たい  ため息をつく    。









  朝から   憂鬱だ    、、    。








一緒 に いる 友達 との  会話 が 、




   全く耳に   入ってこない    、









きっと    今さっき   僕がついた  




   『   溜息   』


の原因 を  心配し   、  話を聞こうとしてくれているんだろう    。







でも
     僕の   口は   その理由を   話そうとしなかった     …    。








完全   に    頭は    あなた   のことばかりで   




      上の空    だ    。