無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

撮影終わり
ぺけたんside

YouTubeの撮影が終わってみんなが休憩に入っている
俺は前日ライブがあって、久しぶりの撮影に少し疲れていた
ンダホ
ンダホ
お腹すいた〜
ザカオ
ザカオ
撮影前におにぎり食べたじゃんW
ンダホ
ンダホ
あんなんじゃ足りない
モトキ
モトキ
なんか俺もお腹空いてきたなW
シルクが冷蔵庫を開ける
中にはほとんど何もなかった
あると言えば紅茶のペットボトルが一本
ほんとに紅茶好きだなぁ
そのうち紅茶になるのでは?W
マサイ
マサイ
なんもねぇじゃんW
シルクロード
シルクロード
最近外食多かったから忘れてた(*゚▽゚)ノ
確かにシルクたちは最近外での撮影が多かった
俺は歌い手の方で忙しくて全然顔出せてなかったからなんもしてない。。。
仕事で忙しいはずのダーマでさえちゃんと出てるのに。。。
ぺけたん
ぺけたん
じゃあ俺コンビニに行って何か買ってくるよ!
シルクロード
シルクロード
いいの!?
ぺけたん
ぺけたん
うん!
ンダホ
ンダホ
ありがとう!ぺけたん神
ダーマ
ダーマ
こんなに大人数だと量多いだろうから俺も行くよ
ぺけたん
ぺけたん
大丈夫!
力はある方だからね
そう言って俺は玄関に向かった
マサイ
マサイ
おい
振り返るとマサイが立っていた
ぺけたん
ぺけたん
マサイ?
マサイ
マサイ
ほんとに1人で平気か?
ぺけたん
ぺけたん
うん!大丈夫!
マサイ
マサイ
お前がそういうならいいけど。。。
するとマサイが俺を抱きしめてきた
マサイ
マサイ
お前絶対無理してるだろ
マサイとは中学の卒業式に告白されてから付き合っている
長い間ずっと一緒にいたからやっぱりなんでもわかっちゃうんだなぁ
ぺけたん
ぺけたん
まぁちょっとね
でも撮影出れなかった分何かしてあげたいんだ
マサイ
マサイ
心配だからやっぱり俺も
シルクロード
シルクロード
マサイ〜編集のことで話あるんだけど〜
リビングからシルクの声がした
マサイ
マサイ
。。。
ぺけたん
ぺけたん
行ってきなよ
俺なら大丈夫だから、ね?
マサイ
マサイ
わかった、気を付けろよ?
ぺけたん
ぺけたん
うん、行ってきます
マサイ
マサイ
いってらっしゃい
俺はそのままコンビニに向かって歩いた




この時、この後起こる災厄を誰が想像できただろうか
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
歌詠 彼岸
歌詠 彼岸
いかがでしたか?
初投稿なので下手なのは大目に見てください(;ω;)