無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

憂い
ぺけたんside

朝起きると僕はベッドの上にいた
たしかマサイくんがお風呂に入るって言って待ってる間に家の中うろうろしてたら寝ちゃったんだ
そういえばこの家このダブルベッドしかないけどなんでだろ?
そんなことを考えているとチクワがやってきた
ぺけたん
ぺけたん
おはよ〜チクワ〜
撫でてあげると嬉しそうに尻尾を振る
僕はチクワを抱えてリビングに行くとマサイくんがソファで寝ていた
まさか僕の気を使ってここで寝たの!?
ぺけたん
ぺけたん
なんか、申し訳ないなぁ
僕はマサイくんが起きないように足音を忍ばせてキッチンに行く
お詫びに朝ごはんを作ってあげよう
和食でいいかな?
ご飯と豚汁と卵焼きと鮭の塩焼きにしよう!
豚汁を作るためにお肉や野菜を切っていく




事故に遭う前、僕ってこの家でどんなことしてたんだろう
そもそも僕って料理できたのかな?
恋人とかいたのかな?
そういえば僕はなんで事故にあったんだろう?







ぺけたん
ぺけたん
いたっ
ぼぅっと色んなことを考えたせいで指を切ってしまった
リビングにいるマサイくんの方を見るとまだ寝ていてほっとする
僕は近くにあった救急箱から絆創膏をとって指に貼り、そのまま黙々と朝食を作り続けた


モトキside
シルクに昨日のことを謝るために家の前まで来た
思い切り深呼吸をしてドアノブに手をかけるとLINEの着信音が鳴った
相手は家の主、シルクからだった
そこにはこうメッセージに書かれていた
シルクロード
シルクロード
ごめん、しばらく2人では会えない
俺はそれを見て足早に駅に向かって歩いた
今まではどんなに忙しくなってもシルクは俺との時間を作ってくれていた
そうしてくれなくなるということは距離をとられたも同然だ
原因はきっと昨日の俺の態度だろう
俺、ほんとバカだなぁ
ぱらぱらと雨が降る中、駅の改札口を通った

シルクside

モトキにLINEを送って溜息をつく
俺はモトキの嫌がることはしたくない
そうしないために俺の気持ちを切り替えるための時間が必要だ
ごめんなモトキ、寂しいと思うがお互いのためだから我慢して欲しい
そう思いながら俺は編集作業を再開した
シルクロード
シルクロード
モトキ今なにしてんのかなぁ。。。


ぺけたんside
朝ごはんを作り終えて、マサイくんを起こそうと思う
ぺけたん
ぺけたん
マサイくん、朝ごはん作ったから起きて
マサイ
マサイ
んぅ〜
マサイくんがゆっくりと体を起こす
マサイ
マサイ
おはよう
ぺけたん
ぺけたん
おはよ
昨日はごめんね
勝手に寝ちゃって
マサイ
マサイ
ここはお前の家なんだから寝たい時に寝るのは普通だろ?
ぺけたん
ぺけたん
そ、そっか
ふとマサイくんの手を見ると、薬指に指輪がついていた  
マサイくん、結婚してたんだ
ぺけたん
ぺけたん
マサイくん、奥さんは?
マサイ
マサイ
ぺけたん
ぺけたん
指輪つけてるから結婚してるのかなって
マサイ
マサイ
あーこれね。。。
ずっと一緒にいようって約束した人はいるよ
ぺけたん
ぺけたん
その人はどんな人?
マサイくんは僕を見て少し笑った
でもその目はなんだか悲しそうで。。。
マサイ
マサイ
んなことより、飯食おうぜ
俺顔洗ってくる
ぺけたん
ぺけたん
わかった
用意しとくね
マサイくんがリビングからいなくなる
すると不意に涙が一筋溢れた
ぺけたん
ぺけたん
な、んで?
1人になった空間でそう呟いた
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
歌詠 彼岸
歌詠 彼岸
こんにちは、作者ですw
ンダホ
ンダホ
お腹すいた〜
歌詠 彼岸
歌詠 彼岸
呑気だね〜
あとでラーメン食べに行こうか
ンダホ
ンダホ
わーい☺️
歌詠 彼岸
歌詠 彼岸
ということでまた次回お会いしましょう
アデュー!(雑ですみませんw)