無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

最 初 で 最 後 の 恋 で し た
あなた
聖香ー!おはよ!
聖香
おはよ…!
あなた
なんか、空気重たくない??
どーしたの?
琴愛
ふぇぇぇぇん…
女子
どうしたもこうしたもないじゃん!!
琴愛の腕見てよ!!
それは、、、




すごく、ひどい傷があった。
あなた
すごい…傷だね…
男子
他人事みたいに言うんじゃねーよ!
やったのお前だろ?
あなた
え?やってないんだけど?!
琴愛
とぼけないでよ…
昨日、私に殴ったり蹴ったりしたじゃない…
あなた
は?してねーし笑
女子
お前さ、琴愛を傷つけたらどーなるかわかってんの??
琴愛のお父さんはこの学校の学園長。




お母さんは大手化粧品メーカーの社長さん。





琴愛に目つけられたら退学もあるって聞いたことがある。



あなた
別にどうなってもいいんだけど?笑
そんな汚い手使うやつに負けたくねーし。
琴愛
汚い手なんて使ってないよぉ…??
あなた
使ってんじゃんかよ笑
もーいいわ。こんな奴に構ってる時間なんてねーし。
女子
勝手にどっか行けばいいじゃん!
聖香
ちょっと、みんなひどくない?
この傷さメイクだってわからない?
男子
聖香もそいつの味方かよ笑
2人でどっかに散れよ!
聖香
ほんと、意味わかんない。
あなた
ちょっと、聖香…?
聖香
もーいい。
ちょっと、外出よ?
あなた
う、うん。
はーぁぁ。




聖香は自分が酷い目に会うかもなのに私の味方になってくれた。




いい友達持ったなぁ。笑





そういえば琴愛ってさ、廉くんのこと好きなんだよね。




だから、目をつけられたのかな?





きっと、そうだよね笑





一緒にいるなんてやめておけばよかった。







きっと、廉くんは私の味方なんてしてくれないよね…。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡