無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#急展開
ドドドドッ
廉にキスされて動揺しているあなたは涼もうと階段を降り外に出ようとする。
勇太
勇太
あなたちゃん??
なにかあったの??
あなた

あ、いやなにもないです//

勇太
勇太
ん?もしかして廉に何かされた?
あなた

い、いや‥‥

勇太
勇太
図星かよー!
なんかムカつくんだけど。
勇太にソファに連れていかれ押し倒される。
あなた

どしたの?勇太?
(いつもの勇太らしくない余裕のない表情だなぁ、私怒らせた?)

勇太
勇太
あなた、廉になにされたん?
俺だけであなたの頭の中いっぱいにしてよ。
あなた

っんん///、、、ゆぅっっ、っん、、
(え、キスされてる??え、なんで??)

勇太は見たこともない怖い顔をしていた。
しばらくして、満足したのか勇太はあなたを離してくれた
勇太
勇太
あなた。俺も男だから、なにするかわかんないよ?少しは俺の事も意識してよ。
あなた

っうん。わかった。

急展開すぎて、あなたは戸惑うがこれからもっともっと2人の罠にかかってしまう、、、