無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#甘い
お母さん達の1週間の旅行も終わり、お母さんとあなたは勇太さんと廉の家に住むことになり今日引越し!
あなた

わぁー!大きいお家!!

勇太
勇太
そーかな??
重い荷物は運ぶから任せて!
あなた

ありがとうございます!勇太さん!

廉
今日から住むんやー。
もう前みたいに倒れんといてや!
運ぶの重いから笑
あなた

わっ//もうそれ言わないで!
重くて悪かったですね💢

廉
ふふっ、はいはい笑笑
ここ俺の部屋やから。
あ、後で俺の部屋来て話ある。
あなた

う、うん。
(どしたのかな?この家のルールとか厳しく言われるのかな?なんか怖いなぁ)

片付けも終わり、約束通り廉の部屋へ行く。

コンコンっ
あなた

廉、はいるよー?

ドンッ
気づくと、あなたはドアに追いつめられ廉との距離は数センチ。
いつもの廉じゃない少し怖い顔。
あなた

っ、廉どーしたの??
体調悪い??移しちゃった?

廉
違う。ほんまにあなたってこういうのわからんねんな笑
あなた

えっ?っん、、、、、れんっ、、
ふぁっ、はぁはぁ//

廉にキスされていた。
廉のキスは息をすることができないくらい甘く、頭が真っ白になった。
そして廉に支えられる体制に、、
廉
っ//あなたかわいすぎるやろ
家に誰もおらんかったら襲ってる笑
あなた

はっ、はぁ!!どゆこと??
(え、廉って私のこと好きなの?いや、そんなわけない!けど、私ドキドキしてる??)

廉
まぁ、今日はこれくらいにしたるわ笑
続きはまたこんど♡