無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

#デート
あなた

ねぇー、どこいくのー?

廉
んー?ないしょやでー笑
ついたのは最近有名なパンケーキのお店だった
あなた

え、廉甘いの好きなの??

廉
そやで笑
でも、1人で入りづらいからあなたにお願いしてん。
(うそ、あなたは甘いもの好きやからこの店にした)
あなた

え!そーなんや!
ってかこの店私も行きたかったところ!!

廉
よかった笑
じゃ、はいろー
周りのお客さんの視線が痛い、、
きっと廉と私がつりあってなさすぎるからだよね。
廉
ん?あなたどした?
なにたべる??
あなた

あっ、いやなんでもないよ!
ん〜、迷うな〜笑笑
イチゴとバナナどっちにしよ〜

廉
じゃあそれ2人で頼んでシェアしよっか!
あなた

え、ほんとにいいの?
私がたべたいやつばっかりだよ?

廉
いいよ、あなたが食べたいの食べてるとこ見るの好きだから笑
どきっ、、ってした。
意外と優しいし、好きって言うとか反則でしょ。
やばい私好きになっちゃいそう、、、
あなた

廉ありがと!

廉
うまっ!さすがやな笑
甘いけどおいひぃ〜♡
あなた

ほんとに!めっちゃおいしいね!
(廉可愛すぎ!!)

廉
っん、クリームついてるよ
あなた

えっ、ここ??
どこー??

廉
もー、どこで食べてんねん笑笑
廉はそう言って、クリームをとって食べた
あなた

(えっ!心臓飛び出そう、もう好きかも。)

廉
(こいつ可愛すぎかよ、ってか俺の気持ち気づいてるかな?気づいてて欲しいなー)
その後も1日デートをしてあなたは気づいた、









廉を好きになってしまったことを。