無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#はじめまして!
急いであなたは準備をして少し緊張しながら待っていた。

すると、


ピンポーン、ピンポーンとベルが鳴り響いた。




お父さん
おじゃましまーす!
廉
‥‥おじゃましまーす。
わ、子供って女やったんや。
勇太
勇太
なに言ってるん廉!
ごめんね、あなたちゃん。
僕は勇太でこれが廉、今日からよろしくね!
あなた

あ、はい!
よろしくお願いします!
(勇太さん優しくていい人そう!でも、廉っていう人とは仲良くなれるか不安だなぁ‥)

お母さん
いらっしゃい!
狭いけどあがってちょーだい!
あ、あなたには言い忘れてたけどお母さん達旅行にいってくるから3人で1週間うちで留守番頼んだわよ♡
じゃ、行ってきまーす!
あなた

え、そんなの聞いてないよ!
いきなり困るよ、お母さん!

そして、あなたはドキドキの1週間を過ごすことになる‥‥‥