無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第22話

夏休みー1年後ー
またあついあつい夏休みがやって来た。
瑠璃
今日は納涼祭か。
優に逢える
私たちは3年になりました。


私は地元の大学へ。

優もこっちの同じ大学に進むんだ!


うれぴ!
納涼祭の時間。



そうそう。菜々と颯真は付き合って、半年たってるよ!
瑠璃
瑠璃!
やば!めちゃかわいい!
瑠璃
優!
すっごくかっこいい!


そういえば、告白できずに転校してったなぁ
瑠璃いこうぜ!
瑠璃
うん!
そういえば、今年、告白大会があります。
優は内緒でエントリーしてたみたい。
そして、時間は経って、告白大会。
係員
さぁ始まりました!

告白大会!まずは!



エントリーNo.1





水野翔馬君2年!

あいては?
水野翔馬
2年水野翔馬です。








聞いてください、










麗!
青井麗
はい!
上がってくる。
水野翔馬
ぼくと付き合ってください!
青井麗
お願いします!
「きゃぁー!」




「おめでとう!」
歓声が上がる 



そして。
係員
エントリーNo.10




成山優くん!
はい!


瑠璃

上がってきてくれ!
瑠璃
うん。
壇上にあがる。
前沢瑠璃さん。







ずっと好きでした!


この地球上の誰よりも!





だから‥俺と付き合ってください!




遠距離になるけど。。
瑠璃
‥はい!お願いします!




私も‥1年前の納涼祭のときから好きでした!
係員
おお?両想いです!
菜々
瑠璃!おめでとう!
颯真
優も!おめでとさん!
みんなから歓声があがった。














そして、優の告白とともに、納涼祭の幕を閉じた。

瑠璃(LINE)
優と会えない日が続きます。


ですが、恋して去年の納涼祭で

優に恋にして


よかったです。












優。大好きです。












これからは、彼女として、よろしくお願いいたします!

終わり