無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

夏休みー瑠璃の部屋ー
30分してみんなが集まった。
菜々
じゃぁ始めよう!
瑠璃
うんっ

くちゅんっ!
瑠璃の突然のくしゃみ
瑠璃大丈夫か?
瑠璃
大丈夫。
みんな暑いと思って、クーラーつけたんだよね。


私寒い。
無理するな。
ベットにおいてあった、瑠璃の上着を取って、瑠璃にかける。
颯真
クーラー少し温度あげるか。
菜々
だね-


瑠璃熱出ちゃうよ
瑠璃
ありがと・・・。


私操作するね
立ち上がって、クーラーの温度をあげる。
瑠璃
じゃぁ始めよ

今日は国語?
おう。
菜々
漢字書き取りかぁ

めんど
颯真
それな。


宿題要らねぇって。
菜々
それわかる!



あー!もう多すぎだってんの!
漢字苦手なんだよなぁー
菜々
えっと?

いちどにふたつのことができること

いっせきにちょう
一石二・・・鳥
菜々


私ははなれに住んでいます。
離れ

ってどうかくんだー!?
菜々
あーもうわかんなーい!
颯真
菜々うるさいぞ
菜々
だって、わかなんないもん!
瑠璃
菜々。2番は


「離」ってかくんだ・・・
ズキッ・・・ズキッン
菜々
瑠璃?
瑠璃
大丈夫大丈夫だよ!
頭いたくなってきた・・・
優には、瑠璃が今頭痛になったっことがわかっていた。