無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

夏休みー納涼祭も終盤ー
そして、花火が終わった。


養護教諭が菜々達と戻ってきた。
菜々
瑠璃!


大丈夫?
瑠璃
あ。菜々。
再度熱を測る。
養護教諭
よし。平熱に下がってるみたいね!

これなら大丈夫そうね。
瑠璃
ありがとうございます!
納涼祭って、花火が終わったら、終了なんだっけ。
養護教諭
あと、30分あるから、もう少し楽しんできてね!
瑠璃
はい!
保健室を出た。
菜々
どこいくー?


あ。そうだ!


撮影ブースあったから、

みんなで記念撮影しようよ!
これが最後になるなんて。


知るよしもない。
瑠璃
うん!いこ!
菜々が瑠璃のペースで歩いてくれる。
2年B組


ー納涼祭撮影ブースー
菜々
着いた着いた!
瑠璃
ここか!

うちらのクラスがこんなかんじになってるとは!
瑠璃もなんだか元気そうだ。
菜々
なかはいろ!
颯真
おう!
係員
女の子同士男の子同士で並びます?
菜々
最初はそうして、2枚目は


女の子男の子どうしでとります!
係員
わかりました!
花火の大きいポスターの前でとる。
係員
じゃぁとりますよ!


はい!花火っ!
いいふうにとれたようだ。
係員
じゃぁ次は。
最初に、菜々と颯真がとる。


そのつぎに、瑠璃と優がとった。
そして、校内アナウンスがなる。
係員
王蘭高校納涼祭はこれにて終了となります!


皆さん、気をつけてお帰りください!
納涼祭も終わったようだ
颯真
俺、菜々送ってくよ。
俺は瑠璃を。
菜々
ありがと!優しいじゃん!
颯真
おう。

夜遅いしよ。
菜々
だね。


何かあったら守ってよ!
颯真
わかってるって。
菜々
じゃぁね!

瑠璃!お大事に!またね!
瑠璃
うん!
菜々達と別れる。
俺らもいくか-
瑠璃
うん-
二人であるきだした。