無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

👑
てひょん
てひょん
自分が何したいのか、分からない
じみん
じみん
??
りゅじん
りゅじん
(꒪ཫ꒪; )ナンテ?
てひょん
てひょん
んー、だからっ
てひょん
てひょん
前のO曜日、あなたさんと知らない男の人が、夜、一緒に歩いてたのを見て、、
てひょん
てひょん
えー
てひょん
てひょん
なんか
てひょん
てひょん
腹の底から、なんか
てひょん
てひょん
んー、、えー
てひょん
てひょん
よく分からない感情が沸く?みたいな
じみん
じみん
よ、夜、、
じみん
じみん
そりゃぁ、一大事
じみん
じみん
どうする、どうする、の?
てひょん
てひょん
わかんないよぉ
りゅじん
りゅじん
(-🙏-)お疲れ様でございます
真面目2人
真面目2人
え?
りゅじん
りゅじん
そちらの件に置かれましては、
りゅじん
りゅじん
夜、一緒に歩いていたのは、
りゅじん
りゅじん
あなたとその兄でございます
真面目2人
真面目2人
えっ?
りゅじん
りゅじん
そして、そちらのキムテヒョンさんの感情は
りゅじん
りゅじん
"嫉妬"
りゅじん
りゅじん
ですね
てひょん
てひょん
(いっひひひひひ)////////  ((((((←狂った)
じみん
じみん
(((引
りゅじん
りゅじん
わははっ