無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

👑










顔がしわしわの



おじいちゃんに



おばあちゃん













黄色のキラキラ光る時計をつけたおじちゃん





その人が親戚って世間で呼ばれる人












それに



目の周りがキラキラした若いお母さん




足元が黒く光った若いお父さん




それに













私より





5つも離れたお兄ちゃん

















みんな優しくて



何でも買ってくれて



1人部屋までくれた
















でもさ




































 本当の家族じゃなくて




   "義"だから






























  私は沢山言う事を聞いた