無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

👑










テヒョンside





















だって


























あんなかっこいい人と

















































楽しそうに話しながら



並んで歩いているんだもの



しかも








































目を合わせて













笑い合い















この夜の街を





















僕は




未だ経験したことのない感情が


















グツグツと音を立てて

















































腹の深い深いところから






































沸いてきた気がした