無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

💫
1ヶ月後




図書室



(なまえ)
あなた
失礼します
じょんぐく
じょんぐく
あ、先輩こんにちは
(なまえ)
あなた
ん
てひょん
てひょん
(あれ、図書室に来てる)









、
じょんぐく
じょんぐく
先輩ー、ここ教えて欲しいです
(なまえ)
あなた
やだ
じょんぐく
じょんぐく
えー
てひょん
てひょん
(後輩には、不良見たくしてないのかな)






、
じょんぐく
じょんぐく
先輩、放課後空いてますか?
てひょん
てひょん
ぇ
(なまえ)
あなた
多分
じょんぐく
じょんぐく
じゃあ、僕とどっか行きましょ!
(なまえ)
あなた
やだ
じょんぐく
じょんぐく
えー
てひょん
てひょん
(僕だって、僕だって)
じょんぐく
じょんぐく
どうしてですかー?先輩!
(なまえ)
あなた
お前の為に時間を無駄に出来ねぇよ
てひょん
てひょん
ぇ (口悪)
じょんぐく
じょんぐく
えー、酷いっすよ先輩ー