無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🌕





朝になってしまった。












どうしよう。















インタビューも何も考えてないし












テヒョンオッパと会うじゃん…。













ジンオッパと会うのは嬉しいけど…。















そう思いながら私は楽屋で準備をしていた

















ガチャッ














ユンギ
おう
あなた
ユンギさん!!!
あなた
久しぶりです!
ユンギ
久しぶり。今日もよろしく
ユンギ
あ、ごめんメイク中だった?
あなた
ううん!もう終わりました
ユンギ
良かった。
ユンギ
俺らの楽屋寄ってかない?




どうしよう。






楽屋にはジンオッパ。




もちろんテヒョンオッパもいる。







あなた
後で会うし、大丈夫です!
ユンギ
そうか
ユンギ
じゃあ後で!
あなた
はい!







やだなあ。







どんな質問されるんだろ。