無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

🌕





その後のご飯も全く進まなかった。















ここに私がいることがダメなんだ。












テヒョン
あなたちゃん体調悪い、?
あなた
ううん!大丈夫!
ジン
、、、





「皆」
ごちそうさまでしたー!!!!













スハン
スハン
ジンオッパのご飯は世界一です🥺
ジン
ヒャッヒャッヒャ そんなことないよー
あなた
あ、!私片付けするんで!
ユンギ
俺も手伝うよ
あなた
だ!大丈夫です!
────────────────────────







はぁ、それにしても多いなあ。量。












早く片付け済まさなきゃ。
























ガチャ。






















え、?




















ジン
何ボーっとしてんの
ジン
手伝う。
あなた
え…泣
ジン
なんで泣くのㅋㅋ
ジン
やっぱり体調わr…
あなた
だってジンオッパ私の事…
あなた
迷惑だって気づかずに…ごめんなさい
ジン
何言ってるの
ジン
迷惑だなんてひとつも思ったことない
ジン
早く片付けるよ
あなた
え…?







じゃあ、2人が言ったことは嘘…?












信じていいんですか。



















ひとまず安心した、、、。

















私ここにいても良いんだ。