無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

ジンside











今日はMBS歌謡祭。











僕たちの出番を待っていると









モニターにあなたの姿があった。
















いつものように歌っていた。












綺麗な歌声だなあ。
















久しぶりに見た。

















歌が終わると自然と拍手をしてしまった。












すると。





司会
サプライズゲストの登場です!







ん?サプライズゲスト?













テヒョン
今日は誕生日なんだよね



あぁ、そういう事か。







誰だろう。







ヤシの実
アンニョンハセヨ〜!!!!





ヤシの実…。









あぁ、インタビューで言ってたな。









あなたは凄く泣いていた。











あなた
かっこいぃいい〜😭😭
あなた
幸せです…泣






初めて僕と会った時は








あんなテンションじゃなかったのに。












かっこいい。とも言ってくれなかったのに。














なんだか腹が立つ。














なんであなたは。














僕じゃなかったの?
















あぁ、だめだ。













別にそういうんじゃない。












ただ、自分が負けた気がして…。

















散々追いかけてきたくせに。




















なんでなんだよ。
























































僕じゃ、ないのかよ。









────────────────────────