無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🌕
スハン
スハン
これ難しいです〜🥺
グク
あ、えっとここはこうです



ライオンのやつ、



可愛い子には優しいんだ。




私は普段から自炊してることもあって




料理は慣れている。




トントントン──🔪🥒





テヒョン
料理好きなの?
あなた
はい!普段からしてますから!
スハン
スハン
テヒョンオッパ〜
スハン
スハン
これしてください〜怖くて🥺


あの子すごいな、


ああいう子がモテるんだろーな







グク
おい
あなた
あ、え?はい
グク
切り方。間違ってる
あなた
え?



私はいつの間にかキュウリを



変な切り方で切ってしまっていた。





グク
こうだよ



そういうとライオンは




後ろから私を包み込むように包丁を握り




慣れた手つきでキュウリを切っていく






あなた
え、ちょ、
グク
うるさいから



照れる。いやいくらライオンと言い




スーパースター。





グク
何照れてんの
グク
はい。
あなた
あ、ありがとう