無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

ジンside






楽屋であなたの事考えていたら



















ガチャ。




















ちょうどきた。。。。





















あなた
ジンオッパ...!





僕は無視してしまった。










なんでかって?
















僕だって知らない。













本当は話したかったよ。









でも










でもね。












ジン
ヤシの実さんのとこ行けば?









無視したあげく



最低な事まで言ってしまった。
















もう、あなたと話す事はないんだろうか、























なんで僕はこう...。



















素直になれないの。

















テヒョン
僕と同じ気持ちです。





いきなりテヒョンがそう言ってきた。
















テヒョンと同じ気持ち?







テヒョンもあなたの事が...。















いや、僕は第1、自分の気持ちが分からない。





















なんだよこの気持ち。