無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

🌕



なんか、改めてさっきの事思い出したら




悲しくなってくる。





















私は気づいたら










1人で号泣してしまっていた。














────────────────────────



ヒックヒック...泣








ユンギ
あなた!?
あなた
えぇ、?
あなた
ユンギさん...泣
ユンギ
どうしたの...
ユンギ
またヒョンが何か?
あなた
...æ³£
ユンギ
こりゃあってんな
あなた
うわぁん😭😭😭




私はユンギさんが来て安心したのか








ずっと泣いてしまった。








ユンギ
とりあえず、話聞かせて?な?
あなた
はい...



私はジンオッパに話しかけたこと。






冷たくされたこと。








誤解させてしまったこと。









全部ユンギさんに話した。








ユンギ
それ嫉妬だよ。
あなた
...嫉妬、?




ジンオッパが?





私に?






そんなわけない。






だって、ジンオッパは私の事






嫌いなんでしょ?









ありえない話はやめて下さいって。











言ったじゃん...。