無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🌕




あと数日やってけるかな、












きっと浮かれてたからバチが当たったんだ。















気づいたら私は庭でずっと泣いてしまってた。














それから何分経ったか覚えてない。











グク
おい
あなた
グスン    ん、?
あなた
あっ、グクさん、、、
グク
なんで泣いてんの
あなた
私…。もう帰ります、
グク
は?






どうせ炎上してるんだろうな、私










それなら早く姿消した方が良いよね、









グク
さっきのことか
あなた
え、なんで、
グク
見てたから
グク
気にすんなよ
あなた
気にしますよそりゃ!泣
グク
ご飯…。食べよ?
あなた
グスン




もう終わりだ。





そう思ってご飯を食べに前を向くと。













ジン
なんで泣いてんだよ
あなた
ジンオッパ…!
ジン
ジョングガぁ!お前が泣かせたのか?
グク
勝手に泣いてました。







もうさいあくだ。












もっと嫌われちゃう。






ジン
ご飯冷めちゃうよ






なんで、嫌いなのに優しいの。