無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

🌕






はぁ、ヤシの実さんも来てくれたし


















良い声で歌えたし、









最高の誕生日だった…!!!


















私が楽屋に帰ろうと階段をおりると






















あなた
グクさん!?






階段にグクが座っていた。















あなた
どうしたんですか。こんな所に座って。
グク
あなたを待ってた。
あなた
なんで、?
グク
いや、今日の歌
グク
良かったよ。
あなた
え、?それだけを言いに?
グク
悪いかよ
あなた
ううん!すっごく嬉しい






するとグクは少し恥ずかしそうに



















グク
カトク…。これ。俺の。











自分の携帯を出してきた。
















交換してってことかな、?
















あなた
なんで恥ずかしそうなの笑











グクは同い年という事もあり















話しやすかった。














グク
うるさい
グク
じゃあな
あなた
なによ!ライオン!!!!!













そういえばジンオッパに会ってないな。












楽屋。覗いてみようかな。