無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

🌕




私は早起きをして急いでキッチンに行った。
















眠いけど誤解をとくチャンスだ。












キッチンにはジンオッパがいた。








あなた
お、おはようございます
ジン
…おはよう
あなた
あの。
ジン
この野菜洗ってくれる?
あなた
あ、はい。



あれ、?気にしてない?













あなた
ジンオッパ…
ジン
なに
あなた
あの。昨日の事…
ジン
あぁ元気になってよかったよ
あなた
違う…
ジン
なにが
あなた
私、テヒョンオッパが好きなんじゃ
ジン
そこは触れないでおこうよ
ジン
お互いスターだよ?
ジン
恋だってするよ





なんか勘違いしてない、?













違うのに…。
















───────────────────────









結局誤解を解けずにご飯が出来上がった














ユンギ
おはよ
あなた
おはようございます、
グク
みんな揃いましたー?
ナム
ジミナがいないぞ!
ホソク
寝てるんだアイツㅋㅋㅋ
あなた
あ!私起こしてきます!!
────────────────────────













あなた
ジミンさん!!
あなた
朝ですよ!!!!
ジミン
んん〜。卵スープ…ムニャムニャ
あなた
卵スープ??ㅋㅋㅋ





私はキッチンにおりて、速攻で






卵スープを作った。








するとちょうどジミンがおりてきた。









ジミン
おはようございます…
ホソク
おー!ジミナぁー!
グク
遅いですよヒョン!
ジミン
卵スープの夢を見てたんだよ
ジミン
卵スープ食べたくなってきたn…お!?
あなた
卵スープ!作りましたよ!!
ジミン
気が利く😭😭😭
あなた
えっへん!
ジン
今日で終わりだな





そうだ。これで終わりなんだ。










もう歌番組で共演しない限り












ジンオッパには会えないんだ。













あなた
ジンオッパ!!釣りしません、?
ジン
え?
あなた
ほ、ほら!最終日だし!!
ジン
しよう
とりあえず、話せるね…。