無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

🌕



ジンオッパに呼ばれた楽屋に行くと










そこにはジンオッパしか居なかった。










あなた
あれ?皆は?
ジン
皆はもう次の仕事に
あなた
ジンオッパ
行かなくても大丈夫なんですか?
ジン
ちょっと話したいことがある
あなた
…はい、?
ジン
今日、テヒョンの様子がおかしいんだよ
ジン
身に覚えない?
あなた
…えっと、、、






なんて言えば良いの!?









私のせいなのかな、昨日の事…とか、?








でもそんなのジンオッパに言えない…。









あなた
私は何もわかんないです、
ジン
そう
ジン
ありがとう






嘘ついちゃった。
















大好きな人につく嘘は何だか苦しい。














しばらく経って












ジン
じゃあ仕事あるから行くね
あなた
頑張ってください…!







結局、何も言えないまま




ジンオッパを見送った。















ダメだ私。