無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🌕






朝ごはんも食べ終わり、





皆ゆっくりしてます。






ふぅ、外は落ち着く。










あ、片付けしてなかったかも。






私は急いで家の中に戻った。
あなた
(ん、誰かいる。)
あなた
ごめんなさい!片付け手伝いま…



そこには1人で黙々とお皿を洗ってる



ジンくんの姿があった。