無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

🌕




私はユンギさんが居なくなっても




ずっと泣いていた。
















────────────────────────






ジン
あなた...。



なんで。なんで来るの?






私が話しかけた時は







見向きもしなかったのに...。








酷いよ...。







あなた
ジンオッパ。酷いです...泣







ジンオッパは私を抱きしめてきた。

















驚きより悲しさのほうが大きい。











誰にでもこうやって抱きしめてるのかな。









ジンオッパは他の人が好きなんだ。









なのに何でこんなことばかり






してくるの、?







ずるいよ。









ひどいよ。













あなた
離して下さい...!
ジン
ごめん...
あなた
帰ってください!!
あなた
私、もうこれ以上傷つきたくないです...
あなた
好きだから...ジンオッパが...
ジン
...
ジン
また明日ね、
あなた
ヒックヒック...泣






そう言ってジンオッパは帰って行った。















本当は、行かないで欲しい。












行かないで。、、


















オッパ...。















────────────────────────