無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

テヒョンside




今日は昨日ぶりにあなたちゃんと会った。















でも、あなたちゃんは




















冷たかった。
















そりゃ気まずいよな。



















謝ろうとあなたちゃんの楽屋に行ったけど



















なんか冷たかったし、





















我慢できなくなって





















「好きって言ったら?」

















なんか言ってしまって、
























最低だ。























ジンヒョンごめんね。





















僕はあなたちゃんじゃないとダメみたい。