無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🌕




き、気まづい。






どんな話をすれば良いんだ。






あなた
あっあの!!
ジン
あのさ





被った。最悪。





あなた
先どうぞ。
ジン
いや、先どうぞ。
あなた
なんで、私を、?
ジン
荷物運びに良いかなって
あなた
そんな!!!ソクジンさん!ひどい!


ああ!もう!そんな人だったんだね!!!!






ジン
ねぇ
あなた
はい?
ジン
いつまで続くの
ジン
そのソクジンさん呼び。
あなた
…え、?
ジン
ジンオッパって。呼んでみな。ほら。
あなた
…えぇ、!?
あなた
そん、なの。恥ずかしくて無理です…
ジン
僕の事追いかけてるんでしょ?
ジン
ワールドワイドハンサムの名前を
呼べないなんて!!
あなた
ジンくん…オッパ…
ジン
なんでくんつけるのㅋㅋㅋ



笑った。また笑ってくれた。。。。








かっこいい。




あなた
ジンオッパ。。。
ジン
うん。よし
ジン
皆の前でもそう呼んで。あなた




え、今、私の名前。






呼んでくれた、?







私、名前で呼ばれたこと無かったのに。。




あなた
い、いま、あなたって…
ジン
ずっとそう呼んでたけど?
あなた
え?
ジン
あ、
ジン
…早く!買い出しいくぞ!
あなた
はっはい!!!






一気に距離が縮まったみたい。。。