無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

345
2021/09/26

第9話





教授と学長にお礼を言い、大学を後にした。















再来週とはいえ、大学はもちろん私も手続きなどがあるから再来週なだけであって、手続きが終わるまでは大学に行っても行かなくてもどちらでもいい。














大学に友達がいない私は行く必要が無いだろう。
















大学は嫌いではないが、今は早くマネージャーをやりたいという気持ちの方が強い。
















家に帰り、スマホを手に取りLINEを開く。














あなた
藍!!
ん?
あなた
大学から許可もらった!
あなた
中退にはなるけど、マネージャーやれる事になった!
おお!!
良かった!
あなたは、マネージャーやりたいって思ってくれてるんだよね?
あなた
うん、もちろん!
分かった、じゃあ監督には俺から話しとくよ。
あなた
ありがとう!
あなた
再来週付けで中退になるから、それも伝えておいてほしい!
了解、もしかしたら監督から連絡するかもしれないからあなたの電話番号監督に教えてもいい?
あなた
いいよ!
了解!




監督、か…


















私、本当に国を背負って戦う人達のマネージャーをできるんだな…





















自分で決めたことなのに、しみじみと考えてしまう。



















あなた、監督から伝言。
直接話がしたいから、明日が空いてれば明日、空いてなかったら空いてる日を教えて欲しいって事だけど明日空いとる?
あなた
空いてるよ!
手続き終わるまでは大学行かなくても大丈夫だから行ける!
分かった、じゃあ明日体育館に来て欲しいらしいんだけど…
場所分かんないと思うから俺迎えに行くで!
あなた
え、いいの?
任せろ
あなた
ありがと!
明日朝9時に迎えに行くね
あなた
了解!













え、待って、明日早速監督に会うの?




















緊張する…!!!




















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜翌日〜(速くてごめんなさい😖)














ピピピッ ピピピッ…












あなた
んー…







時刻は7時。これから準備をしなければならない。















髪を整えて、いつもあまりしないメイクも今日はちゃんとしてみる。





















あっという間に藍が迎えに来る9時になった。















あなた
変じゃないかな…








鏡の前で何度も見た目を確認する。















ピンポーン











そんなこんなしてるうちに藍が迎えに来た。














あなた
はーい
ガチャッ



髙橋藍
あなたおは、よ、…?!
髙橋藍
え?!今日メイクしとる?
あなた
うん、よく気づいたね笑笑
髙橋藍
似合っとる、かわいい
あなた
あ、ありがと、
 






急に可愛いとか言わないで?!?!

















思わずきゅんとしちゃったじゃんか!!!
















髙橋藍
じゃあ行こっか
あなた
うん、!





二人で並んで歩く。

















さりげなく車道側を歩いてくれる藍。






















これだからモテるんだ藍は。
















そんなこんなで体育館に着いた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ごめんなさいなんか最近内容が薄い気が…()



これから面白くなっていく予定ですのでお楽しみに…!!