無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,591
2019/12/28

第3話

一日の始まり
いつものようにどう死のうか考えていた時、家のチャイムがなった。




ツウィ
ツウィ
はぁい





ガチャッ




ミナ
ミナ
おはよー!
ツウィ
ツウィ
おはよ!
ツウィ
ツウィ
もうちょっとで準備できるから待って!





ミナは私の隣の家に住んでいるたった1人の幼なじみ。









ミナにはなんでも話すことができるけど、死にたいって気持ちは中々言い出すことができない。









その気持ちを隠すためにも私は外で明るいフリをしている









ツウィ
ツウィ
お待たせー
ミナ
ミナ
うん行こ!










こうして私の一日が始まる