無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,380
2020/03/11

第14話

屋上
ツウィ
ツウィ
ん〜〜。きもちーー
ツウィ
ツウィ
朝も悪くないな










そう言いながら屋上で伸びをする









ツウィ
ツウィ
あっ。こんなことしてる場合じゃない……
ツウィ
ツウィ
お弁当、お弁当、
ツウィ
ツウィ
……
ツウィ
ツウィ
やっぱないーーーーーー










屋上をひと通り見てまわったけど、









お弁当はどこにもなかった。









ツウィ
ツウィ
はぁ。ミナに謝らなくちゃ…










諦めるようにため息をつく。









せっかくだから屋上からの景色堪能していこう









ツウィ
ツウィ
わぁ。みんな登校してきてる。
ツウィ
ツウィ
ここほんと眺めいいなあ。
ツウィ
ツウィ
全部見えるじゃん。
ツウィ
ツウィ
あっ。ミナだ!










下を見ていると丁度ミナを見つけた









相変わらずのオーラで男子からの注目を得ていた。









朝から人気だなあ。ミナは









そう思いながらミナを見つめていると









ミナの後ろからまた違う注目を得た1人の男が近づいていっている









ツウィ
ツウィ
…あれは、パクジミン?










パクジミンは前へ立ち塞がり何か笑顔でミナに喋りかけている









ツウィ
ツウィ
あー。そういえば、パクジミンも学級委員だったっけ。
ツウィ
ツウィ
仲良かったんだー。










そう思うのもつかの間ミナは見たこともないくらい









嫌そうな顔でパクジミンを無視しスタスタと歩いていった。









ツウィ
ツウィ
まあ、仲良いわけないか…ㅋㅋㅋ










ガチャン









ツウィ
ツウィ
!?










突然、屋上の扉が開いた。