無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,460
2020/01/07

第12話

お弁当
ガチャンッ









ツウィ
ツウィ
はぁはぁはぁ










結局あれから全速力で止まることなく家に駆け込んだ私



















ツウィ
ツウィ
なにやってんのよ……










変な所で優しさを出してしまった数分前の自分を恨む









いいや。あいつらのことなんて忘れよう。









ツウィ
ツウィ
寒っ!










そういえば外は雨が降っていた。









私は逃げるのに必死すぎて傘もささなかったせいでびしょ濡れだ。









ツウィ
ツウィ
はぁ。お風呂入ろ。










__________________________









お風呂から上がり、ご飯も済ませ、寝るにはまだ早いがベッドに横になる。









ツウィ
ツウィ
あーお弁当……私のお弁当……










あのお弁当は入学祝いにミナとお揃いで買ったお弁当だった。









ツウィ
ツウィ
やっぱり明日もう一回探してみよ……










そんなことを考えながら眠りについた。