無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,424
2020/01/06

第7話

Butterfly
想像していたよりも綺麗で見晴らしのいい景色が広がっていた。









ツウィ
ツウィ
へー。いい場所見つけちゃった。










ぽつんと置いてあったベンチにお弁当を置いて私はフェンスの方まで歩いていく。









ツウィ
ツウィ
ずっとここにいたいな…。










屋上から見える景色はこの街を一望できて、嫌なことを忘れられた。



















ツウィ
ツウィ
Butterfly like a Butterfly〜♪
ツウィ
ツウィ
마처 Butterfly bu butterfly 처럼〜♪





「蝶々、蝶々のように。」



「まるで蝶々のように。」













ツウィ
ツウィ
ここ、ほんといい場所だな。





私の心を癒してくれる。いい場所。









キーンコーンカーンコーン









ツウィ
ツウィ
もうそんな時間か。
ツウィ
ツウィ
戻ろ。
ツウィ
ツウィ
また来るね。





そう誰も居ないはずの屋上に向かって呟いた。









?
また来てね。










そう誰かが呟いた気がした。