無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,429
2020/01/06

第11話

鉢合わせ






……









…………









まずい……









まずいことになってしまった。









まさか2人が入ってくるなんて、









ていうかまだ学校にいたなんて、









でも普通に考えればわかるよね。









あの3人セットみたいな感じだし。









それよりもやばいのはこの状況









私はキムテヒョンの前に立ち尽くしてしまっている









はたから見たら私が変なことしようとしてるみたいな…









ていうかなんでこの人ら何も話さないの…?









さて私には選択肢がふたつある。









①2人に状況を説明する。









②とりあえずキムテヒョンを殴る←









③これしかない…



















ダッシュ!!!!!!!!!!!!!!!









私は今までに出したことも無いスピードでカバンを取り









2人がいない方のドアから









風のように走り抜けて行った。





























ジミン
ジミン
…なんだ?
グク
グク
…さあ。
テヒョン
テヒョン
ぅ〜。お前らうるせぇよ。
グク
グク
いや俺らじゃないって。
テヒョン
テヒョン
じゃあ誰だよ
ジミン
ジミン
今の確かチョウツウィ?
グク
グク
そーそー。そのツウィって子がお前の前に立ってたから
グク
グク
何してんのかな?って
テヒョン
テヒョン
俺は寝てた。
ジミン
ジミン
ふーん。じゃああの子お前のこと好きなんじゃねぇ?
テヒョン
テヒョン
…ふーん