無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,417
2020/01/07

第8話

忘れ物





私は1人教室へと急いで歩いていた。









ツウィ
ツウィ
(結局お弁当食べれなかったな。)










屋上でのんびりしていたせいでお弁当を食べるのを忘れていた。









ツウィ
ツウィ
あっ!!!!!!!





慌てて立ち止まる。









屋上にお弁当忘れてきちゃった。









最悪だ。









ツウィ
ツウィ
はー。しょうがない。放課後取りに行くか。










キーンコーンカーンコーン









ツウィ
ツウィ
やばっ!!










本鈴がなってしまい、私は速度を上げた。









ガラッ!!!









教室のドアを開けるとまだ先生は来ておらず皆立ち歩いていた。









ツウィ
ツウィ
セーフ…
ミナ
ミナ
全然セーフじゃないよ?
ツウィ
ツウィ
わっ!ミナか…
脅かさないでよ……





ほっと一安心していた私の後ろにいつの間にかミナが仁王立ちしていた。









その後ろからサナがひょこっと顔を出し









サナ
サナ
ツウィ遅刻とか珍しいやん。どこ行ってたん?
ツウィ
ツウィ
あー。えーと…










私はまだ屋上の存在を2人に知られたくなかった。









まだ私だけの場所として秘密にしておきたい。









ツウィ
ツウィ
トイレだよ!ㅋㅋ










嘘ついてしまった。









でも、いつかは言うし。いいよね?









ミナ
ミナ
先生来てなかったから良かったけど、
気をつけなね?
ツウィ
ツウィ
うん。





ガラガラガラガラ









先生
先生
おい席つけー
サナ
サナ
あっ!先生来ちゃった!またね!










2人と別れて席につく。









ピチャ ピチャ









ツウィ
ツウィ










ザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









ツウィ
ツウィ
?!!










えー!?嘘でしょ……









大雨じゃん……。









私のお弁当がぁーーーーー









まだ中身入ってるのに…😭









その時ふと視線を感じ後ろを振り向く。









でも特に私のことを見ている人はいなかった。









先生
先生
おい!チョウ!何後ろ向いてんだよ!
ツウィ
ツウィ
あっ!すみません!










前の方に座っていたミナとサナがこっちを見てくすくす笑ってる









もー。他人事だと思って…









でも誰だったんだろう…?









気のせいかな?