無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,411
2020/01/06

第10話

もぬけの殻
ツウィ
ツウィ
なんで…










なんでキムテヒョンがここにいるの?









ていうかなんで寝てるの?









え?いま放課後だよ?









ばかじゃないの









ツウィ
ツウィ
はー。










いいや。帰ろ。









こんな寒い中よく寝てられるわ。









ツウィ
ツウィ
……










起こすだけ起こしてあげようかな…









いや、なんで私がそんなこと…









でも私のせいで凍え死んだらどうしよう←









ツウィ
ツウィ
もー…なんなのよ。










結局私は起こすことにした。









え?どうやって起こそう……









頭叩く?









いや、話したこともないのにそれはちょっと…









じゃあ名前呼ぶ?









え?この人の事なんて呼べばいいの?









キムテヒョン?いや流石にフルネームはㅋㅋㅋ









そんなことを考えながらキムテヒョンの前にたつ。









ガラッ









ツウィ
ツウィ
?!










うーわ。最悪だ。









最悪の状態だ。





























私はいま、突然教室に入ってきた









パクジミンとチョンジョングクに見つめられています。