無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,436
2020/01/06

第9話

放課後
あっという間に一日が終わり、放課後









ミナ
ミナ
ツウィー!!帰ろー
ツウィ
ツウィ
あっ。ごめん私ちょっと用事があって…
ツウィ
ツウィ
先帰ってて?
ミナ
ミナ
え、そっかー。わかった!
雨凄くなるから早く帰った方がいいよ?
ツウィ
ツウィ
うん。ありがと。
サナ
サナ
ツウィー!!ばいばい!
ツウィ
ツウィ
ばいばい!





そう言って2人を見送る。









急がないと…









私は急いで屋上へと向かう。









階段につき、誰にも見られないように屋上へと上がる。









ドアを開けると









ツウィ
ツウィ
あれ?
ツウィ
ツウィ
ない!!!!なんで???










ベンチの上に置いといたはずのお弁当が無くなっていた。









うそ……。あれ?私ほんとにあそこ置いてたっけ?









そんなことを考えながらドアの前に立ち尽くす。









ツウィ
ツウィ
あれ気に入ってたのに……。









私は諦めて教室へ戻った








雨だからか、部活がないからかはわからないが









教室はもう、もぬけの殻になっていた。









急に虚しさが襲ってきた。





















ツウィ
ツウィ
帰ろ…。










そこで私は異変に気づいた。









ツウィ
ツウィ
え、誰?










誰もいないと思っていたのに誰かが机に突っ伏して寝ていた。





























……げ。









ツウィ
ツウィ
キム・テヒョン?