無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,520
2020/01/05

第6話

秘密の場所
先生
先生
そろそろ席つけー






キーンコーンカーンコーン



















先生
先生
今日のHRは特に連絡はないが、
先生
先生
昼休み学級委員と美化委員は集まりがあるそうだから、担当の先生に詳しいこと聞いとけー。
先生
先生
以上だ。起立!





学級委員と美化委員……ってことはミナとサナ呼び出しかー。









あっ。昼休み1人だ。ぼっち飯じゃん。









ミナ
ミナ
最悪だー。
サナ
サナ
ほんとになんで美化委員なんてなっちゃたんだろう😢
ミナ
ミナ
ツウィごめんね、お昼1人じゃん。
ツウィ
ツウィ
いーよ全然。委員会頑張ってね










~昼休み~




どこで食べようかな…。









教室だと嫌だし。トイレもちょっと…









そんなことを考えながら廊下をうろつく。









気づいたら4階の端っこまで来ていた。



















ツウィ
ツウィ
…?





4階の端っこの階段。









そこは唯一屋上へと繋がる階段だった。









ツウィ
ツウィ
あ、鍵かかってる。





屋上へのドアには南京錠がかけられていた。









ツウィ
ツウィ
せっかくいい場所見つけたと思ったのに。





私は少し落ち込みながら南京錠に手を掛ける。









ガチャンッ









ツウィ
ツウィ
?!










外れないだろうと思っていた南京錠が音をたてて私の足下へと落ちた。









ツウィ
ツウィ
ラッキー🎶










私はためらうことなく、屋上のドアを開けた。