無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
602
2018/10/13

第4話

髙木 × バスケ



今日は雄也のバスケの試合

これが決まれば県大会に駒を進める




あなた:雄也!!頑張ってね、応援してる



雄也:おう、ありがとな



って言いながら頭を撫でてくれる




雄也:あのさ … 俺らが勝ったら、1つだけお願いきいてくんね?




あなた:え?いいけど …




雄也:よしっ!じゃ~頑張ってくっか!!




------------------------------------------------------------


ピー


アナウンス:〇〇高校の勝利 !



あなた:やったぁーーー!!




雄也:あなた!!




急に自分の名前が呼ばれてビックリする、呼ばれた方を見ると

コートの真ん中に雄也の姿

さっき試合が終わったばっかりだから髪の毛やユニホームが乱れていてかっこいい、





雄也:勝ったから、1つだけ願い聞いてくれんだろーーー




あなた:き、聞くよーーー





コートとスタンド席からの会話だから叫ぶようなかたちになってしまう





雄也:ずっとあなたが好きだったーー




あなた:んぇ?!/




雄也:だから…付き合ってください!!//





あなた:………お、お願いします!!//





パチパチパチ



会場から溢れんばかりの拍手


恥ずかしいけど … なんかすっごい幸せ



そう感じた1日でした